ゴルフの基本ルール

ゴルフは、18の異なるホールをどれだけ少ないスコアで回るかを競い合うスポーツです。

各ホールによって距離やレイアウトが異なり、「パー」という基準打数が設けられています。パーは通常3~5です。

パーより1打少なくボールをホールに入れた時を「Birdieバーディ」、2打少ない時を「イーグル」、3打少ない時を「アルバトロス」、逆に1打多い時を「ボギー」、2打多い時を「ダブルボギー」、3打多い時を「トリプルボギー」といいます。

スコアは基本的に「空振りを含むボールを打った数+ペナルティの合計」でカウントします。

ペナルティは様々あり、OBで1打罰、ウォーターハザード(通称 池ポチャ)で1打罰、グリーン上でマークをしないでボールを拾うと1打罰などがあります。

年齢や性別、技量などからハンディキャップを加味してスコアをつけ、誰もが一緒に楽しめるようになっています。